―仲介と買取について

売却時の仲介と買取の違いについて



まずは、仲介と買取の違いを理解しましょう。
トラブルにならないよう、わからないことはきちんと不動産会社に相談・確認しましょう。





仲 介 の 場 合 買 取 の 場 合
売主様より依頼を受け、物件の買主様をさがします。
売主様より依頼を受け、直接、不動産会社が物件を購入します。

❶お客様より不動産売却についてのご相談
  不動産の場所、大きさ、状態、状況、お客様のご要望などをおうかがいします

❷査定(無料)
  現地を確認し、お客様の意向と相場、成約事例を元に価格を算出します

❸媒介契約
お客様に価格などご了承いただけましたら、不動産会社と売主様間の媒介(仲介)契約の締結となります。

❹売却活動
広告媒体、インターネット(自社ホームページ、地域型サイト、全国型サイト登録)また、営業活動で購入希望者をお探しします。

❺売買契約の締結
買主様が決定しましたら、売主様と買主様間の売買契約を締結します。

❻決済と引き渡し
決済の後、売主様と買主様のご都合に合わせ引き渡しを行います。

❸売買契約
お客様に価格などご了承いただけましたら、ここで初めて不動産会社と売主様間の売買契約の締結となります。

❹決済と引き渡し
決済の後、お客様のご都合に合わせ引き渡しを行います。









仲介・買取のメリット・デメリット


仲介でのメリット 買取のメリット

○売主様の希望の価格に合わせやすい。

○買取より高額、市場の相場価格で売却できる可能性が高い。

○成功報酬のため取引の終了時まで手数料が発生しない。
※査定が有料の会社は除く



○相続や建替えなどの急ぎの場合すぐ現金化が出来る。

○仲介手数料が不要。

○ご近所に知られることなく売却することができる。

○瑕疵担保責任が免責になる。

○既存住宅の場合、都度の内覧の必要がない。

仲介でのデメリット 買取のデメリット

○買主様が見つかるまで時間がかかる。

○タイミングで売却に至らないこともある。

○取引成立時に仲介手数料が発生する。
※仲介手数料の上限は決まっています。

○瑕疵担保責任を負う必要がある。

○既存住宅の場合、その都度内覧が必要。

○ご近所に売却を知られる可能性が大きい。
※査定書の金額が高い会社が良いわけではありませんのでご注意ください(理由⇒こちら

○仲介に比べ売却価格が安くなってしまう

○買取不可能な物件もある






その他


○個人間の取引は、契約違反や引き渡し後のトラブルなどのリスクが伴います。
不動産会社では正式な契約書類を作成し、万が一トラブルが起きた場合にもその仲介をしますので安心です。

○当社では無料査定の後、請求、売り込みなど一切ありません。

○査定価格は販売価格ではありません。
( お客様の納得いただいた価格で販売することになります)





ご注意


※査定の際はご注意ください

複数の不動産会社に査定依頼をした場合、査定金額が高い会社を選んでしまいがちです。

ですが不動産には相場というものがあるため、相場とかけ離れた金額を不動産会社で提示してきても、その価格での売却は難しいのが現実です。

高額な金額で販売を始めたばかりに購入希望者がいつまでも見つからず、後に契約した不動産会社より価格を下げるよう促され、時間ばかりがかかります。

一旦いつまでも売れない物件のイメージがついてしまいますと、最悪の場合、相場以下まで価格を下げることになる場合もあるので注意しましょう